FC2ブログ

【モニターレビュー】 KLEVV NEO N600 D480GAA-N600 (SSD 2.5インチ 480GB SATA6Gb/s 7mm TLC)

ここでは、「【モニターレビュー】 KLEVV NEO N600 D480GAA-N600 (SSD 2.5インチ 480GB SATA6Gb/s 7mm TLC)」 に関する記事を紹介しています。

KLEVVSSD_00.jpg
この度、『KLEVV サンプリングキャンペーン』 のご依頼をいただく機会がありましたので、
この機を利用し、2年ぶりにメインPCのSSDを容量アップをかねて、モニターレビューさせていただきます。

KLEVV 日本公式ブログ

【商品スペック】
■容量:480GB ■インターフェイス:SATA 6Gb/s
■コントローラ:SMI 2256 ■厚さ:7mm
■フラッシュ:SK Hynix 16nm TLC NAND Flash
■シーケンシャルリード:560MB/s ■シーケンシャルライト:510MB/s
■ランダムリード:90000 IOPS ■ランダムライト:80000 IOPS
まずメーカーの印象として、残念ながら全く存じなかったのですが、
このKLEVV NEO N600 SSDは、香港に本社を置く韓国SKグループの製品だそうです。
名前の浸透度はまだまだかもしれませんが、韓国SKグループの製品というだけでも信頼度は高そうですね。

KLEVVSSD_01.jpg

こちらパッケージの裏には、製品別のパフォーマンス表が掲載されており、
今回提供いただきました480GBは、Sequential Read:Up to 560MB/s , Sequential Write:Up to 510MB/s
となります。

KLEVVSSD_02.jpg

パッケージを開封したところです。

KLEVVSSD_03.jpg

中身は、SSD本体・説明書・True Image HD 2015のプロダクトキーが同封されております。
True Imageは説明書に記載のあるURLよりダウンロードするようになっております。

KLEVVSSD_04.jpg

説明書はご覧のように、しっかりと日本語で記載されております。

KLEVVSSD_05.jpg

初心者でもわかりやすいように、かなり詳しく手順が記載されていますので安心です。
ただし、文字がかなり小さいので読みずらいかもしれません。

KLEVVSSD_06.jpg

本体ですが、かなり軽量になってますし、放熱対策も問題なさそうです。

KLEVVSSD_07.jpg

本体裏にはプロダクトナンバーやシリアルナンバーの記載があります。

KLEVVSSD_08.jpg

今回はメインPCのシステムドライブ交換ですので、まずは、こちらの
オウルテック 2.5インチ/3.5インチSATA HDD用アダプタ OWL-PCSPS3U3U2を利用したいと思います。

KLEVVSSD_09.jpg

この手の商品は1つ手元に置いておくとかなり役立ちます。

KLEVVSSD_11.jpg

このまま、メインPCのUSB3.0ポートに接続します。
ちなみに写真に写っているのはオウルテック ガチャポンパッダイレクト OWL-IE5CU3B です。
こちらも2.5インチ&3.5インチHDDが各1台簡単に増設できる上にUSB3.0ポートもついてるので、
頻繁に内蔵ドライブを交換する方にはおすすめです。

KLEVVSSD_12.jpg

そのUSBポートにつないだ状態で、一応ベンチ取ってみました。
あくまでも参考程度です。

KLEVVSSD_15.jpg

今回は付属のTrue Image HD 2015ではなく、昨年当ブログでも紹介しておりました
ソースネクストで約900円で購入したAcronis True Image 2017を利用します。

KLEVVSSD_16.jpg

設定はすべて自動のおまかせで、実行すると再起動後クローンの作成が始まります。
この辺の手順は、SSD付属の「True Image HD 2015」でも変わらない思います。

KLEVVSSD_17.jpg

クローン作成完了後、念のため一度起動し、コピー先のSSDを確認。
見る限り全く問題ないようです。

KLEVVSSD_18.jpg

それでは、PCの電源を落とし、オウルテック ガチャポンパッダイレクト OWL-IE5CU3B の2.5インチスロットから
現在使用中のSSDを抜き、KLEVV NEO N600 D480GAA-N600を挿します。

KLEVVSSD_19.jpg

すこし気になったのは、スロットの扉が少し浮き気味なこと、最初なかなかBIOS上でも認識せず、
なんどか挿し直して一度は認識したものの
PC起動途中に“バチン!”と音がして、SSDが飛び出してきてびっくりしました。
SSDには問題はありませんが、この辺は相性なんかもあるかもしれませんので
オウルテック ガチャポンパッダイレクトみたいなものをご利用の方はご注意ください。

KLEVVSSD_20.jpg

そんなこんなで多少のトラブルはあったものの、無事換装完了。
CrystalDiskInfoでとりあえずチェック。

KLEVVSSD_21.jpg

ベンチマークも改めて取り直し、満足のいく結果に。
当方使用のマザーボードB150M Combo-Gは少々古めのマザーなのでKLEVV NEO N600 D480GAA-N600
本来の性能を引き出せていない可能性もありますが、体感でもかなりの快適さを実感できました。
参考までに、SSD交換前のベンチを貼っておきます。

KLEVVSSD_22.jpg

【総評】
韓国SKグループの信頼性。
お求めやすい価格。
初心者も安心のマニュアル付属。
クローン作成のためのソフトウェア「True ImageHD 2015」の付属。
安心の3年保証

以上のことからも、SSD購入の際に候補の1つとして検討の価値はあるかと思います。

  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tanx.blog51.fc2.com/tb.php/11213-00dda86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック